ダイヤモンド買取で大切なのは4Cで特にカラットが重要です

ダイヤモンド買取において査定額が良いものは当たり前ですが高品質なダイヤモンドであって、その基準となるのが4Cになってきます。 4Cとはカラット、カラー、カット、クラリティのことで、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれています。

まずカラットとは大きさではなく重さを表す単位となっていて、1カラットが0.2グラムとなっていて、重くなればなるほど希少価値が高くなります。

カラーはダイヤモンドの色のことで、無色透明なほど高く評価されます。ダイヤモンドの色が黄色くなるほど希少性がさがります。 しかし一程の黄色味を超えるとファンシーカラーという評価がされて、他の基準でグレーディングされます。 ファンシーカラーは他にも赤、ピンク、青、緑があります。

クラリティは透明度を表す基準で、傷、欠け、内包物の大きさ、場所、性質などを鑑定して評価が決まります。 内包物が少ないほど透明度が高くなり、希少価値がでてきます。

カットはダイヤモンドの輝きを最大限に引き立たせるために人の手でよって行われる作業で、これによって美しさが決まるといってもいいものです。

一般的にダイヤモンド買取においてはこれらがより高いほど査定額が上になります。 それゆえ手元の品がどういった状態であるのかを見るのも大事で、しかしこれは後から手を加えてなんとかなるものではないのです。 さらにダイヤモンド買取において大事なのが鑑定書の有無で、査定は行いますが、これが付いているのとないのとでは信用性に違いが出てきます。

そして大切なのはダイヤモンド買取だけではなく、品質の良いものを見ぬく目を持っておくことです。 4Cはある意味でとても分かりやすいものですので、ある程度を学んでおくことによって、買い取ってもらうだけではなく、購入時にも役に立つのです。

商品を購入する時は気に入った品であることが一番大切ですが、それでも同じ値段、似たデザインならより品質の高いものを選んだ方がお得と言えます。 また後に不要となった時にダイヤモンド買取などを考えると、単純にデザインの特殊性よりも、ダイヤモンドそのものの品質が良いものを選んでおいた方がいいかと思われます。

ダイヤモンドは昔からその美しさから人の心を惑わせてきたもので、しかしながらしっかりと学べば損をすることは少なくなります。 そのためにもしっかりと必要最低限のことを調べておくこと、そしてたくさんの品を見て、観察眼を高めることも大切になります。

  • ダイヤモンドのお話
  • 天然で最も固い鉱物ダイヤモンド
  • 代表的な産出国
  • ダイヤモンドの用途
  • 天然カラー?
  • 人工カラー?
  • ダイヤモンド買取で伝説のコルコンダ鉱山産リージェントはルーブル美術館に眠る
  • 人口色であるトリートメントダイヤモンドのダイヤモンド買取においての価値
  • ダイヤモンド買取で拒否される破損を避ける為の衝撃対策
  • ダイヤモンド買取店は公共交通機関の便利な場所にあるのがおすすめ
  • ダイヤモンド買取での熱を伝えやすいということと屈折率の高さの活用
  • ダイヤモンド買取で大切なのは4Cで特にカラットが重要です
  • ガラスの彫刻の研磨剤に使う宝石はダイヤモンド買取に売れる
  • サイトマップ
  • PRサイト

    ダイヤモンド買取ガイドのランキング

    ダイヤモンドの買取の売却、査定、相場、鑑定

    オンライン金・プラチナ貴金属・ダイヤモンドの高価査定