ダイヤモンド買取で伝説のコルコンダ鉱山産リージェントはルーブル美術館に眠る

世界で最も美しいダイヤモンドの1つ、ブルーの光を帯びたホワイトダイヤモンド、リージェント(Regent)と歴代の所有者の悲劇的な運命はダイヤモンド買取の世界でも有名です。

1698年、インドのコルコンダ鉱山で奴隷によって採掘された原石は、410カラットもの大きさと言われています。奴隷は自分のふくらはぎを裂いてダイヤモンドを埋めこみ、監視の目をかいくぐりコルコンダ鉱山を脱走したといいます。脱走の途中でイギリス人船長の裏切りにあいます。奴隷は殺害され、ダイアモンドは奪われて船長はインドのダイヤモンド買取商人に1000ポンドでこのダイヤモンドを売り払いました。

船長はダイヤモンド買取商人から受け取った金で放蕩を繰り返し、挙句のはて自殺したといわれています。

1701年、当時インド・マドラスを統治していたイギリス提督、トマス・ピットがこのダイヤモンドをダイヤモンド買取商人から購入します。ダイヤモンドは2年もの歳月をかけて慎重にカットが施され、140.64カラット(28.13 g)のクッション型のブリリアンカットのダイヤモンドといくつかの小型のダイヤモンドに姿を変えました。リージェントは、フランス王ルイ15世の摂政であるオルレアン公に売却13万5000ポンドで売却され、以来このダイヤモンドは「摂政」を意味する「リージェント」と呼ばれるようになりました。オルレアン公爵はリージェントを当時の国王ルイ15世に献上します。

リージェントは、ルイ15世やルイ16世やマリーアントワネットによって身に着けられ、王冠や衣装の上で輝き、ルイ王政の権力の象徴として使用されてきました。 フランス革命後の1792年、王室宝物庫襲撃によってリージェントは多くの宝物とともに行方不明となりますが、数週間後にパリのエリゼ宮の溝の中から発見されました。当時のダイヤモンド買取で、売りさばくことができずに犯人が遺棄したと考えられています。

その後、ナポレオンが戦費を調達するためにリージェントをオランダ政府に質入をしますが、801年にダイヤモンドを取り戻し、皇帝の剣にダイヤモンドを取り付けます。後にナポレオンが失脚して、セントヘレナ島に幽閉され、失意のうちに島で亡くなります。ナポレオンと望まない結婚を強いられていた二番目の妻のマリ・ルイーズは、リージェントを祖国に持ち去りますが、彼女の父がフランスに返還しました。 リージェントダイヤモンドはフランスに残され、現在はそのままルーブル美術館で展示され訪れる人に、今も変わらぬ輝きを見せています。

  • ダイヤモンドのお話
  • 天然で最も固い鉱物ダイヤモンド
  • 代表的な産出国
  • ダイヤモンドの用途
  • 天然カラー?
  • 人工カラー?
  • ダイヤモンド買取で伝説のコルコンダ鉱山産リージェントはルーブル美術館に眠る
  • 人口色であるトリートメントダイヤモンドのダイヤモンド買取においての価値
  • ダイヤモンド買取で拒否される破損を避ける為の衝撃対策
  • ダイヤモンド買取店は公共交通機関の便利な場所にあるのがおすすめ
  • ダイヤモンド買取での熱を伝えやすいということと屈折率の高さの活用
  • ダイヤモンド買取で大切なのは4Cで特にカラットが重要です
  • ガラスの彫刻の研磨剤に使う宝石はダイヤモンド買取に売れる
  • サイトマップ
  • PRサイト

    ダイヤモンド買取ガイドのランキング

    ダイヤモンドの買取の売却、査定、相場、鑑定

    オンライン金・プラチナ貴金属・ダイヤモンドの高価査定