ダイヤモンドの用途

ダイヤモンドの工業的用途

高級宝石として知られているダイヤモンドですが、実はアクセサリーとして使われるのは全体の二割程という事をご存じでしょうか。ダイヤモンドの特徴はいくつかあります。まず、屈折率が高い事です。そこで、ダイヤモンドが本来持っている輝きを最大限に引き出せるのがラウンドブリリアンカットです。確かに、ダイヤモンドは他の宝石や石とは輝きが全然違います。一目見ただけで他とは違う美しく繊細な輝きで人々を魅了します。そして、地球上で最も硬い鉱物と言われています。鉱物の硬さの尺度であるモース硬度というものがあります。これは、ひっかき傷のつきにくさで硬さを測る尺度です。

ダイヤモンドは、モース硬度10という最も硬いレベルです。その為、アクセサリーだけでなくダイヤモンドの用途のほとんどは工業用に用いられるのです。そして、意外と知られていないのが熱を伝えやすいという特徴です。熱伝導性とよばれる性質で、一般的に熱伝導性が高いと知られているものには銀があります。これは、金属の中で一番熱伝導性が高いものです。ダイヤモンドは、銀の約5倍も熱を伝えやすい性質を持っているのです。それでは、このような性質を持ったダイヤモンドの工業用の用途は実際にどのようなものがあるのでしょうか。身近なところではガラス切りがあります。

普通ガラス、すりガラス、網入りガラスなどの切断が可能で、業者でなく一般の人も手に入れる事ができます。そして、レコードの針にも古くからダイヤモンドが使われてきました。これは、意外というかあまり知られていない事ではないでしょうか。レコードの針の先端は極度に正確に磨きあげられています。次に、研磨剤として使われています。とても硬いという性質を持っているので、削られにくく長持ちするというメリットがあります。自動車、自転車、金属線、スクリューなどほとんど全ての製品はダイヤモンドの力を借りて製造されています。一般的には、高級宝石やアクセサリーとして知られていますが、実は見て付けて美しいだけではないのです。

私たちに必要な様々な製品がこのダイヤモンドの力を借りて製造されているという事を忘れてはいけません。工業用ダイヤモンドには、用途によって数ナノメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、表面状態などによる数多くの品種があります。化学反応を起こし適さない場面もあるので、その場合には代わりの物質が用いられる事もあります。ダイヤモンドは奥が深く、魅力的なものと言えるでしょう。

  • ダイヤモンドのお話
  • 天然で最も固い鉱物ダイヤモンド
  • 代表的な産出国
  • ダイヤモンドの用途
  • 天然カラー?
  • 人工カラー?
  • ダイヤモンド買取で伝説のコルコンダ鉱山産リージェントはルーブル美術館に眠る
  • 人口色であるトリートメントダイヤモンドのダイヤモンド買取においての価値
  • ダイヤモンド買取で拒否される破損を避ける為の衝撃対策
  • ダイヤモンド買取店は公共交通機関の便利な場所にあるのがおすすめ
  • ダイヤモンド買取での熱を伝えやすいということと屈折率の高さの活用
  • ダイヤモンド買取で大切なのは4Cで特にカラットが重要です
  • ガラスの彫刻の研磨剤に使う宝石はダイヤモンド買取に売れる
  • サイトマップ
  • PRサイト

    ダイヤモンド買取ガイドのランキング

    ダイヤモンドの買取の売却、査定、相場、鑑定

    オンライン金・プラチナ貴金属・ダイヤモンドの高価査定